お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから

悩むまえにまずはご相談ください

無料 電話無料相談実施中
  • 01相続トラブルは法律の専門家がサポートします。
  • 02法律に基づいたしっかりとした遺言書を残します。
  • 03明確な報酬体系で安心してご相談頂けます。

相続遺言に関するご相談

相続に関する諸知識 遺言書について 成年後見について

相続とは被相続人の死亡で財産上の地位を相続人が受け継ぐ事です。

どんな些細な事でも遺言書の作成は行った方が良いと言えます。

判断能力が不十分となってしまった方を保護する為の制度です。

ご依頼の流れ 安心の費用 事例紹介

相続が発生の時、いかに解決していくかの基本的な流れです。

法律相談に関する当事務所での相談料です。

新都心法律事務所の実例をご紹介します。

ご依頼の流れ

ご依頼の流れ

よくあるご質問

遺言書で私はまったく相続財産を取得することができませんでした。
諦めるしかないですか?

相続人には、遺留分が認められていますのでその範囲で遺産を取得できます。
もっとも、兄弟姉妹には遺留分は認められていません。

父が亡くなってしばらくしてから、父の債務があることが分かりました。
この債務をどのようにしたらよいのか?

被相続人に不動産や預貯金等の財産がない場合は、自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の手続きをするこことによって債務を承継しないことになります。
3ヶ月を経過した後でも、被相続人に債務のみがあった場合は相続放棄の手続きができる場合があります。
被相続人に財産があり、その財産と債務のどちらが多いのか不明な場合は限定承認という手続きをとることによって、仮に債務が多かった場合でもその債務を承継しないことができます。

遺産分割協議時に判明していなかった財産が出てきた場合はどうなりますか?

その財産について新たに遺産分割協議をすることになります。

亡くなった方には相続人がいません。
私は同居人として療養監護に尽くしてきましたが、その方の財産を受けることはできないでしょうか?

相続人がいない場合は、亡くなった方の財産は国庫に帰属(国のものになる)しますが、療養監護に尽くした方は家庭裁判所に申立てして一定の財産の取得が認められる場合があります。

よくあるご質問

新都心法律事務所 お問い合わせ電話番号 0120-401-604
電話受付時間
8:30~19:00
休業日
土・日・祝日
住所
東京都新宿区西新宿1-23-1
TK新都心ビル9F
最寄駅
JR新宿駅 西口
フォームでのお問い合わせ

ご質問等、お気軽にご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2011/04/01

新都心法律事務所 相続遺言の情報サイトを公開しました。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ